2021年5月

時間が経つのは早いもので…

お世話になっております。

タイトルの通り時間の経つのは早いもので、

世の中新型コロナのまん延が進もうが、

ワクチン接種が進もうが時間の経過は同じはずなのですが、

個人的には物凄く時間の経つ速さを実感している今日この頃です。

おかげ様で、弊社の2大事業のうちの片割れである

造成設計を伴う開発行為申請業務の受注が減らず

大変忙しくさせていただいております。

そんな中、先日喉の痛みが酷く、頭痛もあり更には夜38℃の高熱も

出てしまうという事態に陥りました。

時期が時期なので、

家族(特に子供たち)には怪訝な顔をされ、

来ているTシャツの首元を鼻までひっぱり上げながら

「コロナでしょ!」と非難のまなざし・・・

結果的には翌日病院に行き検査をし、その後陰性の確認がでたので、

無事診察を受けられ、疲れなどからくる扁桃炎と診断され

事なきを得たのですが(それなりに具合は悪いですが。。)

もし陽性だったらと思うと・・・いろいろと悪い思いを巡らせ

考えさせられた時間でした。

気になったのは、妻以外の家族が

病状の事より感染しているかどうかの事の方が気になっている始末。

 

気持ちはわかりますが…

これを読んでくださっている方がいるとすれば、

日々の対策をしっかりとしておくのはもちろんですが、それでも万が一

ご家族やまわりに感染疑いの症状が出た方がいらっしゃった場合には、

まず具合の良しあしを心配した上で、

尚且つその方のなるべく目につかない状況で感染を気にするようにしてください。

じゃないと、運よく回復された場合の人間関係にも

見えないソーシャルディスタンスが取られるなんてことになるかもしれません。

何はともあれ、引き続き感染拡大防止に努めてお互い頑張っていきましょう。